まだ見たことのない福祉へ

異能ベーション2020!ジェネレーションアワードに参加してきました

2020年11月25日に開催されたOPEN異能varionの異能ジェネレーションアワード授賞式で昨年に引き続き、弊社Nextwel(ネクストウェル)は、協賛企業として参加させていただきました。

この異能ジェネレーションアワードとは、総務省が主催のイベントで、株式会社角川アスキー総合研究所様が業務実施機関として開催されているもの。

なんと今年はコロナ禍にも関わらず、全国から総勢1万6,000件以上の尖ったアイデアが集まりました!

異能ベーション2020

今年は、

  • メイン会場
  • 世界50箇所以上と中継
  • アバターで参加
  • 各ブースごとから中継

となる世界初の配信形態。

大臣の方々もリアルだけでなく、アバターで参加されてました。

段々と福祉系のアイデアも多くなってきており、(特に発達障害の方)ITが弱い福祉業界もテクノロジーの導入が増えてきていますね。
障害者の独特な感性・アイデアが必要となってくる時代がますます近づいてくるでしょう!

 

今年もMCは、古坂大魔王さん。

 

共生社会の街づくり

今回、弊社が協賛させていただいたアイデアは、株式会社未来企画さんが手掛けているアンダンチという企画です。

アンダンチさんでやっていることは、

  • 高齢者施設
  • 保育園
  • 障害者就労施設
  •  レストラン
  • 駄菓子屋

など仙台の街一体となって、共生社会を実現させております。

普段の生活の中で普通に障害者もいるし、健常者もいるし、子どももいるし、高齢者もいる。

誰もが当たり前となって地域で生活している街。

日本でもこのような誰もが過ごしやすい環境が増えていくよう、弊社も活動していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください